エコツーリズム・コンサルタント&コーディネーター

瀬戸内海エコツーリズム協議会

 エコツーリズムとは? それは「その場に身を置いている」ことを意識しながら、地域固有の自然環境や歴史・文化を観光の対象として体感し、その資源が損なわれないよう、適切なルールに基づき、保全や保護を図ることです。そして、その地域の自然、歴史・文化、観光が融合することで、経済的な波及効果と共に持続的に地域の資源が守られることです。

 瀬戸内海エコツーリズム協議会(瀬戸エコ協)は、瀬戸内海のエコツーリズムのコンサルタントとコーディネーターとして、自然環境の保全、地域コミュニティーの振興、新たなツーリズムの振興に取り組んでいます。

 地域に潜在する魅力をエコツアーのコンテンツとして発掘し、地元の方々、自治体、旅行会社等をつなぐネットワークづくりを行いながら、エコツーリズムを浸透させ、地域活性化と環境保全につなげていきます。

 

 また、当協議会のアウトプットとして「エコツアーの構築」「人材育成」「施設整備と活用」を実施しています。



アウトプット

エコツアーの構築

瀬戸内海国立公園の環境資源を活用し、宮島サイト、安芸灘サイト、防予諸島サイトの3サイトを主とし、瀬戸内海島嶼部において国内外の参加者を対象としたエコツアーの企画運営をサポートしています。地域固有の自然、歴史・文化を活用した、街並み散策、無人島体験、スナメリ・ウォッチング等、日常では得難い体験ができるコンテンツのオリジナル・ツアーに、みなさまもぜひご参加ください!

さらに詳しく↓

人材育成

瀬戸内海における「自然環境の保全と持続可能な利用」「歴史・文化の探求」「新たなツーリズムの振興」を目指し、その技術的手法・取り組み等に関する活発な情報交換と議論を行い人材の裾野を広げるため、国内外の専門家を招聘しエコツーリズムフォーラムを企画運営しています。

また、エコツーリズムを専門とする人材育成講座「エコ塾」も開講しています。

 

さらに詳しく↓

施設整備と活用

スナメリは、ネズミイルカ科スナメリ属に属する小型のイルカで、瀬戸内海でも生息が確認されています。当協議会では施設整備とその活用の一環として、スナメリ目撃情報(月報)を本ホームページに掲載・情報発信しています。将来的にはこのデータを活かした「スナメリ・ネットワーク」を構築することで、瀬戸内海の環境変動を生態系の視点で評価しエコツーリズムの推進に寄与することを目指しています。

 さらに詳しく↓



What's New

瀬戸エコ協最新ニュース

瀬戸エコ協会員・関連団体/エコツーリズム 関連情報


インバウンドをテーマとした「エコ塾」を開催します。第2回は12月12日(水)、参加無料です。

(定員20名、先着順)

満員御礼!大崎上島へのエコツアー(12月15日)は定員となりましたのでお申込受付を終了いたしました。

ブログ記事はこちらから

 11月21日(水)、インバウンドをたテーマとした第1回「エコ塾」を開催しました。

ブログ記事はこちらから

瀬戸エコ協の正会員様・関連団体様からいただいた最新のイベント情報や全国のエコツアー情報等をご紹介しております。

インフォメーションはこちらから


    瀬戸エコ協ブログ

これまでに開催したエコツアーやエコツーリズムフォーラム等に関するブログです。

ぜひご覧ください!

 

第10回エコツーリズム

  大賞特別賞受賞

環境省・日本エコツーリズム協会主催「エコツーリズム大賞特別賞」を受賞しました。

 平成30年度

 瀬戸エコ協 会員募集

一緒にエコツアーを作り、活動し、楽しんで下さる方、募集中!ぜひご参加ください!

瀬戸エコ協  Instagram

  Facebook ページ

Instagramはこちらから

facebook pageはこちらから


フォトギャラリー