エコツーリズムフォーラム

 

 

瀬戸エコ協は、瀬戸内ツーリズム推進協議会の一員として、自然環境の保全や生物多様性の確保に向けた情報、技術的手法、取り組みなどについての普及啓発を目的とした「エコツーリズムフォーラム」の開催に、2012年(平成24年)から参画しています。

過去に開催したフォーラムについては、ブログ記事でもご紹介しております。

 

 

 

 

 


 

第7回エコツーリズムフォーラム2018

海外の旅行者の観光価値に対応した瀬戸内海エコツーリズムの創生
~海外の旅行者(インバウンド)を満足させる日本の観光のあり方について~

 

日 時:2018年(平成30年)1月27日(土)

場 所:広島平和公園 国際会議場

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

日本国内は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前にして訪日海外旅行者(インバウンド)を迎える観光政策が活発化しています。
すでに、中国地域でも多くのインバウンドが増加しつつある中、果たして彼らを満足する観光のスタイルや価値観が充分に得られているのか疑問です。瀬戸内海の豊かな自然や歴史、文化を紹介し、受け入れる地域体制やツアープログラムの在り方、そしてインタープリターの教育など多くの課題が存在しています。
インバウンドが期待することと、受け入れる側のコンテンツにはまだ大きな隔たりがあり、期待するその価値に応えることが出来ていないと感じられます。

「第7回エコツーリズムフォーラム2018」では、多くの訪日観光客に期待する旅の論理と価値、受け入れる地域側の実態と論理を議論し、瀬戸内海の継続的な観光のあり方について考察を深めました。また、インバウンドに期待する価値観とコンテンツやビジネス化の可能性について検討することで、今後さらにエコツーリズムを推進していくことが確認されました。

 (このフォーラムは、環境省平成29年度エコツーリズム地域活性化支援事業の一環として運営されました。)

 

 


ダウンロード
第7回パンフレット.pdf
PDFファイル 207.8 KB
ダウンロード
第7回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 587.1 KB
ダウンロード
第7回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 6.4 MB
ダウンロード
第7回エコツーリズムフォーラム_中国新聞記事.pdf
PDFファイル 413.5 KB


第6回 エコツーリズムフォーラム2017

地域着地型観光DMOによる瀬戸内海エコツーリズムの運用
~多様な景観と地産を「なりわい」とする元気な島々の活性化に向けて~

 

日 時:2017年(平成29年)2月18日(土)

場 所:広島教育会館 ホテルチュリッヒ東方2001

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会

     (広島県/呉市/廿日市市/(一社)せとうち観光推進機構/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

日本国内は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人旅行者(インバウンド)を対象とした新たなツーリズム構築の為の施策や地域着地型DMOへの活発な動きが見られます。また、瀬戸内海では、平成27年に瀬戸内海環境保全特別措置法の一部が改正され、「豊かな海」を目指して、自然景観と文化的景観の活用と保全に向けた取組みを行う事が定められ、柱の一つに「エコツーリズムの推進」が明記されました。
一方、瀬戸内海の島嶼部や沿岸域は急速な過疎化が進行し、無人島化による古来の風土や伝統文化が消滅し、自然環境資源の管理も不可能となってきた課題が浮き彫りとなっています。

「第6回エコツーリズムフォーラム2017」では、瀬戸内海における「地域着地型DMO」の、適正で効果的な体制を構築するためのあり方について考えました。
このフォーラムでの議論を活かし、素朴な自然環境資源・文化歴史的資源や景観を観光資源として活用しつつ、従来の地域の価値と賑わいを取り戻すことを目標として、新たな生活システムと経済活動を創生し、人々が「なりわい」としての生活形態が実現するようにエコツーリズムの推進をさらに図って参ります。

(このフォーラムは、環境省平成28年度エコツーリズム地域活性化支援事業の一環として運営されました。)

 

 


ダウンロード
第6回パンフレット.pdf
PDFファイル 217.1 KB
ダウンロード
第6回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 505.6 KB
ダウンロード
第6回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 9.9 MB


 

第5回 エコツーリズムフォーラム2016

~新・瀬戸内法の具現化と活力ある島々の再生に向けて~

 

日 時:2016年(平成28年)1月30日(土)

場 所:リージャスひろしまハイビル21

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

瀬戸内海では昨年9月に瀬戸内法が改正され、「豊かな瀬戸内海」を目指して生態系の保全と美しい景観の保全に向けた取り組みを行う事が定められ、自然景観と文化的景観の保全のため「エコツーリズムの推進」が明記されました。
一方、瀬戸内海の島嶼部は限界を超えた「超過疎化」に陥り、無人島化が進んでいます。このため、歴史や伝統文化が消滅し、自然環境の管理も不可能となっています。
「第5回エコツーリズムフォーラム2016」では、過去4回のフォーラムでも提唱してきました「エコツーリズムの推進」をより一層深堀させ、瀬戸内海の自然景観や文化的景観を支えている環境資源を守りつつ活用していくために、「人材投入」や「新観光産業」など、島嶼部の地域活性化を促進していく方法論などについて、議論を深めました。

(このフォーラムは、環境省平成27年度エコツーリズム地域活性化支援事業の一環として運営されました。)

 

 


ダウンロード
第5回パンフレット.pdf
PDFファイル 213.4 KB
ダウンロード
第5回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 581.7 KB
ダウンロード
第5回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 6.4 MB
ダウンロード
第5回 エコツーリズムフォーラム活動報告.pdf
PDFファイル 1.4 MB


 

第4回エコツーリズムフォーラム2015

~瀬戸内海からの発信! 活力ある島々の再生に向けて~

 

日 時:2015年(平成27年)1月31日(土)

場 所:ホテルチューリッヒ東方2001

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

平成26年11月、地方創生に関連する法案が可決され、平成27年度は様々な施策が展開されようとしています。そんな中、瀬戸内海の島しょ部は急激な人口減少・超高齢化に陥り、無人島化が進んでいます。

一方、瀬戸内海では、昨年、「瀬戸内海国立公園指定80周年」や「瀬戸内しまのわ2014」などのイベントが、沿岸域自治体の地域資源を元に開催されました。しかし、今後の継続性と経済的な活性化には、さらなる施策と活動が必要です。

第4回エコツーリズムフォーラムでは、瀬戸内海の環境資源と歴史文化を活用し、継承していく「瀬戸内海エコツーリズム」のあり方と今後の戦略について議論し、エコツーリズム活動が「地域創生」へどのように貢献できるか、その役割について考察しました。

(このフォーラムは、環境省平成26年度エコツーリズム地域活性化支援事業の一環として運営されました。)

 

 


ダウンロード
第4回パンフレット.pdf
PDFファイル 192.3 KB
ダウンロード
第4回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 427.0 KB
ダウンロード
第4回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 3.4 MB


 

第3回エコツーリズムフォーラム2014

~瀬戸内海国立公園指定80周年を迎えて~

 

日 時:2014年(平成26年)3月8日(土)

場 所:リージャスひろしまハイビル21

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

第3回エコツーリズムフォーラムは、協議会が掲げる理念や具体的な活動内容を地域の皆様方に広く知っていただくこと、また、瀬戸内海が国立公園に指定されてから80周年を迎えることを契機に、瀬戸内海の活性化を促す新たな社会システムのあるべき姿を議論し、その中で、エコツーリズム活動が果たす役割や貢献を考えることを目的として開催されました。

第3回エコツーリズムフォーラムでは、協議会が宮島・安芸灘・防予諸島で実施したエコツアーに加え、フランスにおけるエコツーリズム視察について報告。また、同国から専門家を招聘、フランスにおけるエコツーリズムの実態についてお話しいただき、国内エコツアーへの活用策をとりまとめました。

 (このフォーラムは、環境省平成25年度エコツーリズム地域活性化支援事業および瀬戸内海国立公園指定80周年記念パートナーシップイベントの一環として運営されました。)

 


ダウンロード
第3回パンフレット.pdf
PDFファイル 166.3 KB
ダウンロード
第3回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
第3回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 7.5 MB


 

第2回エコツーリズムフォーラム2013

~国内のエコツーリズム先進事例紹介と瀬戸内での活動~

 

日 時:2013年(平成25年)3月9日(土)

場 所:リージャスひろしまハイビル21

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

第2回エコツーリズムフォーラムでは、協議会における活動報告を行うとともに、今後、瀬戸内海においては、どのような展望を持って取り組むべきか、基調講演においてお話をいただきました。また、国内のエコツーリズムの先進事例として、飯能市における「地域住民と一体となったエコツーリズム」の実施状況をお話しいただき、瀬戸内海における運用について考察しました。

 (このフォーラムは、環境省平成24年度地域コーディネーター活用事業および広島県瀬戸内ツーリズム推進事業の一環として運営されました。)

 

 


ダウンロード
第2回パンフレット.pdf
PDFファイル 1.6 MB
ダウンロード
第2回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 166.9 KB
ダウンロード
第2回フォーラム資料(冊子).pdf
PDFファイル 8.2 MB


 

第1回エコツーリズムフォーラム2012

 ~瀬戸内海の生態系景観を見つめ、自然と文化を探り、多様な自然を守る~

 

日 時:2012年(平成24年)2月25日(土)

場 所:広島YMCAホール本館404号室

主 催:瀬戸内ツーリズム推進協議会(広島県/呉市/廿日市市/(一社)瀬戸内海エコツーリズム協議会)

 

第1回エコツーリズムフォーラムでは、協議会が掲げる理念や具体的な活動内容について、地域の皆様方に広く知っていただくとともに、エコツーリズムに関する最新の政策や知見、取組の実情などについて考察しました。

(このフォーラムは環境省平成23年度地域コーディネーター活用事業の一環として運営されました。)

 

 

 

 


ダウンロード
第1回パンフレット.pdf
PDFファイル 940.1 KB
ダウンロード
第1回フォーラムチラシ.pdf
PDFファイル 403.2 KB